TOPIC

夏の高校野球岩手大会、対戦カード決まる(7月10日開幕、水沢商は初シード)

人・農地プラン策定へ地域の話し合い支援(奥州市)

人・農地プラン策定へ地域の話し合い支援(奥州市)
南都田地区の地図に農地の現状や今後の構想などを書き込んでいく参加者

 奥州市は、地域計画(人・農地プラン)の策定に、各地区の農業者から提出される「話し合いシート」を活用する。7─8月には独自に話し合いの機会を設けるのが難しい集落などを対象にしたシート作成支援会を行い、農業者たちの意見や構想を吸い上げている。
(詳細は本紙をご覧ください)