TOPIC

夏の高校野球岩手大会、対戦カード決まる(7月10日開幕、水沢商は初シード)

夏休み、児童に安全な居場所を(NPO法人が、金ケ崎スクール開放へ)

夏休み、児童に安全な居場所を(NPO法人が、金ケ崎スクール開放へ)
夏休み中の児童受け入れを始めるNPO法人わらすばの大内玲子理事長

 金ケ崎町西根表小路地内でフリースクールや通信制高校サポート校などを担う「わらすば金ケ崎スクール」を開設しているNPO法人わらすば(大内玲子理事長)=北上市大堤南=は、夏休み中に児童を受け入れる取り組みを始める。「夏休みは保護者が仕事だが、子どもの居場所がない」という声を受けて開設。大内理事長は「子どもたちが事故なく過ごせるよう校舎を開放したい」と利用を呼びかける。
(詳細は本紙をご覧ください)