TOPIC

夏の高校野球岩手大会、対戦カード決まる(7月10日開幕、水沢商は初シード)

家庭ごみ有料化検討(奥州市議会一般質問で市長)

家庭ごみ有料化検討(奥州市議会一般質問で市長)
奥州市の家庭ごみなどを処理している水沢佐倉河の胆江地区衛生センター(資料)

 奥州市議会6月定例会は19日、一般質問が行われた。県内では北上市で実施されているごみの有料化について、倉成淳市長は「国の方針を根拠に、ごみ処理手数料導入の検討を行っている。仮に実施する場合は公平性に配慮しつつ、低所得者層などの負担軽減にも一定の配慮が必要」との認識を示した。
(詳細は本紙をご覧ください)