TOPIC

夏の高校野球岩手大会、対戦カード決まる(7月10日開幕、水沢商は初シード)

水沢メイプル施設運用プラン設計公募、キールズ=東京=を選定(奥州市、10日に連携協定)

水沢メイプル施設運用プラン設計公募、キールズ=東京=を選定(奥州市、10日に連携協定)
水沢の旧商業施設「メイプル」の外観(2022年秋撮影)

 奥州市は水沢横町の旧商業施設「メイプル」のアセットマネジメント(施設運用)プラン設計業者を選定し、6日公表した。10日に業者とメイプル活用の連携協定を締結する。今後は9月頃まで設計業務が行われ、審査や市との協議を経て、秋以降に事業着手する見通し。業者は、不動産コンサルティング事業などを行うKeeyls(株)(キールズ、東京都渋谷区、大貫功二代表取締役)。
(詳細は本紙をご覧ください)