TOPIC

【トピックス】伊勢ノ海部屋が水沢公園で公開稽古

温泉で血管年齢2歳若く(奥州市補助事業で入浴効果検証)

温泉で血管年齢2歳若く(奥州市補助事業で入浴効果検証)
温泉の効用の研究結果を報告する山本直之教授

 奥州市温泉機能検証・発信事業報告会は20日、胆沢若柳の温泉施設焼石クアパークひめかゆを会場に開かれた。都内大学教授により、高頻度の温泉利用者は血管年齢が実年齢より約2歳若く、血管が柔軟に維持され、動脈硬化のリスクも低いなどの研究成果が示された。訪れた市民らは温泉の効用に熱心に耳を傾けた。
(詳細は本紙をご覧ください)