TOPIC

夏の高校野球岩手大会、対戦カード決まる(7月10日開幕、水沢商は初シード)

環境変化受け放流場所を胆沢川に(胆江アユ漁 あす解禁)

環境変化受け放流場所を胆沢川に(胆江アユ漁 あす解禁)
試し釣りをする胆江河川漁業組合員

 胆江河川漁業協同組合(高橋文昭組合長)の管轄河川におけるアユ漁は、5日午前5時に解禁される。同組合は、放流場所を今年から金ケ崎町永栄広町地内の胆沢川に変更し、稚魚と成魚計250kgを放流した。放流場所の変更は、河川の水質や周辺環境の変化が放流したアユに影響を及ぼしているためで、対策を講じながら釣りを楽しむ環境づくりに努めている。
(詳細は本紙をご覧ください)