TOPIC

夏の高校野球岩手大会、対戦カード決まる(7月10日開幕、水沢商は初シード)

韓国の藤塚鄰(前沢出身)研究者、故郷を視察し「感動」

韓国の藤塚鄰(前沢出身)研究者、故郷を視察し「感動」
盛岡市の岩手県庁で藤塚鄰の業績について語る崔鐘秀氏(左)と金榮福氏

 韓国で儒学研究者・藤塚鄰(ふじつか・ちかし、1879~1948)=奥州市前沢出身=について研究している崔鐘秀(チェ・ジョンス)氏(82)=成均館館長=と金榮福(キム・ヨンボク)氏(70)=韓国書誌学者=が5日に来県し、藤塚の故郷である奥州市などを視察した。崔氏は「奥州市を中心に、多くの人が今でも藤塚のことを覚えていることに感動した。藤塚の功績を機に、韓国と奥州市が文化や芸術の面でも距離を近づけることができれば」とさらなる両国友好への思いを語った。
(詳細は本紙をご覧ください)