TOPIC

【トピックス】伊勢ノ海部屋が水沢公園で公開稽古

伝承見据え装束手作り(江刺稲瀬に伝わる金津流石関獅子躍)

伝承見据え装束手作り(江刺稲瀬に伝わる金津流石関獅子躍)
新調した装束をまとい、勇壮な踊りを披露する金津流石関獅子躍のメンバー

 奥州市江刺稲瀬の金津流石関獅子躍(かなつりゅういしぜきししおどり)保存会(小原剛一郎会長)は装束9頭分を新調し、29日、地元の石関会館で獅子頭の魂入れの神事を行った。郷土芸能に関わる担い手不足が進む中、今後の伝承を見据えて自分たちで道具を制作。住民ら約60人を前にお披露目の演舞も行い、関係者らが一層の飛躍を誓った。
(詳細は本紙をご覧ください)