TOPIC

【トピックス】伊勢ノ海部屋が水沢公園で公開稽古

2029年度の開院目指す新医療センター、施設規模100床程度に(奥州市)

2029年度の開院目指す新医療センター、施設規模100床程度に(奥州市)
奥州市章

 奥州市新医療センター検討懇話会(委員13人)は23日、市役所本庁で開かれた。2029(令和11)年度の開院を目指す同センターについて市が、総合水沢病院(稼働病床床)の診療機能を維持しながら総合診療科とリハビリテーション科を新設し、稼働病床数を80床とする現時点での考えを明らかにした。一方で施設整備の規模としては、100床程度のスペースを確保する方針も示した。委員からは病床規模を「妥当」とする声が多く上がったほか、「産科設置の努力を続けてほしい」との意見があった。
(詳細は本紙をご覧ください)